Event

LGBTといのちを考える

ドントワーリー

LGBTといのちを考える。看取り、死別、依存症、暴力、孤立を乗り越え生きる。

 

LGBTといのちを考えるシンポジウムです。

看取り、死別、依存症、HIV、暴力、孤立を乗り越えLGBTとして共に生きることについて、ゲストをお呼びしてみなさんと一緒に考える会です。

LGBTいぞくの会を運営するドントウォーリーが主催しており、団体設立を記念したシンポジウムでもあります。

 

This is a symposium to think about LGBT and life.

We live through care for death, bereavement, addiction, HIV, violence, isolation.

Let’s think about living together with those as LGBT.

This is presented by DON’T WORRY, organizing LGBT bereaved family association. Also this is opening memorial symposium of DON’T WORRY.

 

開催日時

5月6日(金)18:00-20:30

イベント名

LGBTといのちを考える(think about LGBT and life) 

主催 ドント・ウォーリー(DON’T WORRY)
出演

原ミナ汰、中川重徳、けんたろう、谷山廣

定員

300名/予約不要

入場料 あり
会場

千駄ヶ谷区民会館 2F集会場 

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前1-1-10

Other Event

7 MAY
生殖医療技術が話題ですが…『卵子提供~美談の裏側』上映会&ディスカッション

生殖医療技術が話題ですが…『卵子提供~美談の裏側』上映会&ディスカッション

卵子提供、代理出産、ファミリーバリューを問う   いつか、自分の子どもを持ちたいですか。― 生殖技術は誰のどんな「望み」をどのように支えてきた ...

29 APR
藤元敬二写真展:Forget-me-not

藤元敬二写真展:Forget-me-not

東アフリカのセクシュアルマイノリティ   悲しみの根が深い人は、簡単に泣いたりはしない。慣れているからだ。ただ虚ろな目をするのである。それは世 ...

29 APR
Rainbow Love Festival Vol.1

Rainbow Love Festival Vol.1

 今年もRainbow Week が、もうすぐですよ皆様待ちきれませんね!?しょっぱなを飾るイベントをご紹介、その名もRainbow Love Fes ...